ブログ記事

blog【院長ブログ】経鼻内視鏡検査を受けられない場合

2022.11.12

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

「胃カメラ検査を受けないといけない」と思いつつ、怖い、苦しい、気持ち悪いといったマイナスのイメージを強く持たれている方が多いのではないでようか。その場合は、細い内視鏡を用いて鼻から入れる「経鼻内視鏡検査」がおすすめです。

これまでつらい思いを我慢して受けてきた方、怖くて一度も受けたことがない方、お気軽に医師に相談しましょう。

鼻から入れる胃カメラ「経鼻内視鏡検査」

苦痛の少ない検査

経鼻内視鏡は約5mmの極細内視鏡で、鼻へスムーズに挿入することができます。
検査中の苦痛も少なく、強い麻酔も必要もなく、心身共に負担の少ない検査です。

吐き気が起こりにくい

経鼻内視鏡は口の中を通らず、喉に触れる事がないため、吐き気や不快感をほとんど感じることなく検査が受けられます。

検査中に会話ができる

経鼻内視鏡は鼻から通すため、検査中でも会話が可能です。
質問をしたい時や気分を告げたい時に、医師と会話ができますので、安心して検査が受けられます。また医師とのコミュニケーションによって医療の質も向上するメリットもあります。

経鼻内視鏡検査の注意点

経鼻内視鏡検査を受けられない場合があります

鼻の奥が狭い、鼻がつまっているなどの状態により、鼻からの挿入が難しい場合があります。

経鼻内視鏡は非常に細い器具のため、処置や生検等に適さないこともあります。

鼻出血が起きた場合に止血困難の恐れがあるため、当院では抗凝固剤(血をサラサラにする薬)を内服されている方は原則お受けできません。

このような方の場合には、口から入れる内視鏡検査を行わせていただきます。
その場合でも、細径内視鏡を用いたり、可能であれば眠っていただく薬を注射しながら検査するような選択枝をご提案します。

072-422-0540

WEBお問い合わせ